住まいに関する給付金

開放感ある広い部屋の住まいは空調代もたくさんかかる

満足できる住まいのあり方を巡って現在巷ではある部分で2つの意見が対立しています。それは室内をできるだけ広く開放的にするという意見と従来通りカベでいくつかの区画に仕切ってしまうという意見です。その2つの意見ではどちらにもメリットはありますしデメリットもあるのでどちらが絶対にいいとは断言はできません。なぜならそこに住む人の生活環境次第で左右されるからです。ただいずれにしても現代の時代は夏場はものすごく暑いのでエアコンが欠かせない時代になっていることだけは確かであります。そのためエアコンの観点で考えるならば1つこんな意見があります。

そのエアコンの観点で考えた場合は20畳以上もあるような開放感ある広すぎる部屋の住まいは空調代もたくさんかかることに注意をしないとならないということです。というのは従来通りカベで空間をいくつも仕切っていた部屋ではそれぞれの部屋にエアコンを取り付ける必要があるというデメリットはありますが、同時にエアコン1つあたりの冷暖房能力は小さくて済むというメリットがあります。つまりエアコンのスイッチを入れたらすぐに希望の温度に達しやすいということです。しかしながら20畳以上もあるような広すぎる部屋の場合はエアコンの台数は削減できるかもしれませんが、スイッチを入れても空間がその分広いのでなかなか希望の温度に達するまでに時間がかかるというデメリットがあります。そのためエアコンはよりパワー性能がある機種を要求されるし電気代も余計にかさむのであります。ということは大人数が暮らす場合は個別の部屋で何台ものエアコンを稼働させるよりかは開放感ある部屋の方が稼働するエアコン台数を削減できてある意味ではエコかもしれませんが、1人や2人で暮らすような少人数の場合は逆に部屋が広すぎて逆効果にもなりかねないのです。ついでに部屋が広すぎると空気の流れができやすくいつまでたっても冬場の場合は特にスース―しやすいことも考えておかなければなりません。なのでどのくらいの人数が暮らすかによって慎重に考えないとならないのです。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.