住まいに関する給付金

ヨーロッパ風の住まいに暮らす

昔からヨーロッパに憧れをもち、フランスやドイツにも旅行に行った経験があります。家を建てるなら、かわいらしいヨーロッパ風と決めていました。結婚して、しばらくはマンションに暮らしていましたが、去年念願のマイホームを建てました。近年人気の注文住宅で、ヨーロッパ風のデザインの家を選択。白い壁と窓の沢山ある日当りの良いとてもスタイリッシュな家が建ちました。子供も既に高校生になり、小さな子供もいませんので、家の中もヨーロッパ調の白を基調にデザインしました。

ヨーロッパ風のインテリア小物を沢山持っていたので、やっと飾れる事ができます。家の中は全て床、和室は作りませんでした。ずっと憧れていた白いカウチもリビングルームの中心に置き、カーテンはヨーロッパ風のデザイン、白い壁と家具にとてもマッチしています。最近の私の楽しみは、家の周りに小さな草花を植える事です。庭の手入れが趣味になりました。玄関のテラスには、小さなコーヒーテーブルとチェアを置いています。40代後半になって、やっと夢の住まいを手に入れる事が出来ました。沢山の日差しが差し込むリビングルームでゆっくりとコーヒーを飲みながら、本を読む、理想の生活を実現しました。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.