住まいに関する給付金

自分にとっての良い住まい

住まいとは、自分や家族にとって安らげる場所であるという事が必要です。自宅でもあるのですから、その場所がゆっくり出来なかったり、落ち着けないといった場所だと仕事や日々の疲れを取ることは難しいです。私は、一人暮らしをしていた時にマンションに住んでいました。その時に一度、全く落ち着くことの出来ないマンションに住んでいました。その理由は、深夜の近隣の騒音や大きな声等で全く仕事の疲れが取れない状態が何ヶ月もの続いた事があります。そのため、仕事から自宅に帰ることが嫌に思ってしまうことが何度かありました。そして、そんな生活が長く続いて、結果的に仕事や体調に支障が出てきたために新たな住まいに引っ越す事になりました。

このように住まいでも安心できないと自分自身に大きな影響が出てきてしまうので、住まいを選ぶ際は自分の暮らしにあったところや環境を選ぶ事も大切です。もしも、騒音被害がある場合は管理会社や大家さんに相談してみる事も良いと思います。私は相談はしましたけど、改善されなかったので、引っ越したわけです。仕事で疲れた体と心を癒し、ありのままの自分でいる事の出来る場所は自宅だと思うので、自分の生活スタイルにあったものが良いです。今は、旦那とマンションで暮らしていますが、より良い生活をするための新たな住まいを探しています。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.