住まいに関する給付金

住まい造りはプロセスで決まる

住まいは、建てている所をしっかり管理しなければ、施主の希望の叶う家にはならないということで、建築中の我が住まいを日に何度も足を運び、大工さんと話をしながらチェックをしてきた私ですが、その結果は、15年を待たないリフォームとなりました。欠陥住宅であったため、大きくやり直すしか仕方が無かったのです。既にその工務店は潰れてしまい、文句を言う所も無いのです。その時気が付いたのは、確かに建築中の家を見に行き、どこをどうして欲しいのか確認をし直すという点では価値がありますが、それ以上は、専門的なことで手を抜いているのかしっかり造っているのか解りません。大事なことは、家を建てるまでにどこの工務店で契約をするか決めるために行うプロセスです。

しっかりした信頼できる所であれば、中心になる建築士が監督をしており、しょっちゅう建築現場に訪れなくても安心できます。こちらのニーズも建築士側から何度も確認をしてくれます。これから家を建てるという人は、早急なリフォームにならないように、建築業者選びからしっかりと行い、選べたら建築するまでの構想を建築士と一緒に立てていくことです。このプロセスは、快適な住まいの運命がかかっていますので急がず焦らず行うことが大事です。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.