住まいに関する給付金

住まいの窓の内側を出窓風にしてみたら

住まいは人間が快適に住めるためのある意味の要塞であります。その快適に住めるための要塞で第一に要求されるのは必要なのは雨風と直射日光を避けてしのげること、そして外部の騒音をいかに減らせるかにあります。2番目に要求されるのはいかに内部の様子を外部に見せないかにあります。それがあるから部屋の内部でだらしない様子をしていられるわけでして、外部からいつも観察されていると感じたらだらしない格好もできなければ落ち着いたリラックスした生活もできません。

そんなキビシイ天候から逃れるため、そして内部でリラックスできるようにするための住まいですが、ここでいろんな家を観察していて気になることがあります。それは窓です。一見何気ない窓ですが、もし窓そのものを出窓風にするのではなくて、窓そのものは出窓風にしないでその内側を出窓風みたいにしてモノを置けるスペースを拡大したならば冬場ならではのあることができるのではないかということです。それは窓から冷気侵入阻止ならびに結露対策であります。というのは真冬は外部と内部の温度差が激しくてそれで結露ができるわけですが、それを防止するためには窓ガラスを冷やさないようにする必要があります。その具体例がクルマのフロントやリアガラスのように熱線入りのガラスだったり、最近では内部が真空でできている複層の真空ガラスだったりするわけでこれも有効な対策の1つなわけですが、既存の住宅の窓は改造費用がかさんだり困難だったりするので、内側の部分だけ出窓風にしてみるのです。そうすればある程度大きなモノを置くことが可能になるわけでして窓に向けて暖房を入れたり、あるいは結露防止対策用の電熱グッズを楽に置けたりして結露防止対策に貢献できるかもしれないのです。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.