住まいに関する給付金

生まれてくる子供のために住まいについてを考えました

妊娠をきっかけに引っ越しをしました。今までは1LDKの、あまり広くないアパートに夫と二人暮らしでした。まだ家やマンションを買うお金がたまっていないので新しい家も賃貸ですが、生まれてくる子供のための住まい作りを余裕を持ってしようねと話して物件を決めました。

まず第一に話し合ったのが立地です。子供が小学生になる頃にはマイホームを購入して引っ越す計画なので、小学校にあがるまでの環境と、通勤のし易さを重視しました。最寄りの駅まで自転車で15分の範囲内の、近くにスーパーと公園がある住宅街で決めました。仕事に復帰する時のことを考えて、保育園もチェックしました。

そして、小さな子がほとんどの時間を過ごす家の中についても、よく考えました。室内に段差のないことを条件とし、滑りやすそうなところや、つまずきやすいところを完全になくしました。これは子供だけでなく、妊娠中の私自身のためにもなりました。今までは身近に子供がいなかったので意識していませんでしたが、立って動き回り始める小さい子供の身長って、早ければ70センチぐらいだと聞きました。ハイハイなどで動く場合はもっと低いですよね。自分たちの半分以下の目線になってみると、危険がいっぱいなことや全く世界が違うことに気付きました。子供の成長に合わせた住まい作りがこれからも必要だと思います。

Copyright (C)2019住まいに関する給付金.All rights reserved.